コラム

日々の作業日誌

失敗しない非常用階段避難車の選び方

失敗しない非常用階段避難車の選び方ですが、
ポイントは3つです。

1、重量
入居者さん、患者さんを階段から降ろすわけですが、
避難させた後は、避難車を持って、階段を上らなくてはいけません。
5種類ある避難車の中では20kgを越えるものもあります。
(他製品はだいたい10kgくらい)
つくりはしっかりしてるけど、女性の職員さんが持って上がれないんじゃ
次の患者さんを避難させることはできません。

2、狭い階段の中でも旋回可能か
非常階段で避難することを想定した場合、
他の避難者がいることを考えれば、できるだけコンパクトに
移動できたほうが、全体的にスムーズに避難することが
できると思います。
ちなみに担架にのせた状態で階段の踊り場を
旋回するのは現実的ではないです。
避難車の中でもある程度のスペースがないと
旋回が困難なものがあるので、よく吟味して選ぶようにしましょう。

3、座る人に優しい設計になっているかどうか
避難車は自力で体幹支持が不可能な方(意識がない方など)を想定して
いるので、ベルトでの固定が必要になってきますが、
どのような固定方法がいいのかをしっかり考える必要があります。
また介助して座らせる側にも楽な避難車を選ぶようにしましょう!

最後になりますが、介護福祉施設に関しては補助金にて
購入ができる場合があるようです。

非常用階段避難車のご相談はお電話にて!
024-531-3778 担当:サトウ