コラム

防犯設備日誌

点検時の事例です。・・・!!(消防用ホース編)

こんにちは。

点検班の大野です。

 

福島市内のお客さまの所にて点検時の事です。

ビルの各階通路部に設置されてる屋内消火栓設備(総合盤&消防用ホース)を点検時の事、

なんと設置されてたホースは設置より10年以上経過しており

ホースの一部が劣化していました。

現状、外観からは穴あきや水漏れ等は確認できませんが

設置されてから10年以上経過しており、

長い間に器具の経年劣化による外観の変色及びホースの硬化が見られました。

実際に放水した際には水漏れが発生する危険性もありました。

お客様には、当面の処置としてホースの耐圧試験又は、交換を と おすすめしました所、

お客様からは、消防ホースは通常使用しないものだが、

ビル使用者の生命安全に拘るものだから

今回は危険回避の為、設置されてるホース全数の交換をお願いしたいと依頼がありました。

早速全数交換いたしました。

 

新ホース設置

 

御社&御社在住ビルの設備は大丈夫ですか?

 

点検班からのお願いです。

今回のホースに限らず、設置より10年以上過ぎた設備は、

外見は大丈夫でも中身まで大丈夫とは限りません。

我社&在住ビルは大丈夫と過信せず、

今一度 専門業者による設備点検キチンと受けることをおすすめします。

 

当社でもご相談お受け致します。

ご気軽にご連絡下さい。専門スタッフがお答え致します。