Archive for the ‘インフルエンザ予防策’ Category

まだまだ流行中!!!インフルエンザ!!

2016-03-05

皆さんこんにちは!

みんなの幸せを防災・防犯設備で守る(有)シバテック営業の穴田です。
今の時期はインフルエンザなどの感染症の中に飛び込んでいくのが仕事です。

お勤め先やお子様が通われている先など、インフルエンザでお休みの方はいませんか?
被害拡大しないようにご注意下さい。

弊社が取り扱っています「スーパー次亜水」が、年明けから注文の数が増えています!
インフルエンザが流行している証拠ですね。

ほとんどがリピーターのお客様ですが、感染症対策には色々な事に悩み苦しみ、
今に至るお客様が多いと思われます。

当初は販売していませんでしたが、最近良くご注文いただくのが、専用のスプレーボトルです!

DSC_0942

※スーパー次亜水(弱酸性次亜塩素酸水)は熱と紫外線に弱いので、
 透明なスプレーボトルでは成分が失われてしまうのです。

スーパー次亜水の使い方
・スプレーボトルに希釈して色々な所に「シュッ!シュッ!」
・専用の噴霧器に希釈して空間除菌!

DSC_1033

まだまだ感染症の流行が収まっていませんので、
皆様十分にお気をつけて楽しい生活をお送り下さい。

忘れていました・・・自宅の噴霧器を☆カスタム☆してみました。

sketch-1456911226976

介護施設のお客様がやっているのを真似して、より高い所から噴霧していま~す!

福島県内インフルエンザ流行中!効果のある予防策は?

2016-02-21

皆様こんにちは!
ここ最近の気温の変化で体調悪くしていませんか?

みんなの幸せを防犯・防災設備で守る(有)シバテック営業の穴田です。

いよいよ福島市内も『インフルエンザ』が流行してきたようで。
対策をしている保育園さんでも感染者が増えてきているとの情報が・・・

弊社のスーパー次亜水で空間除菌をしている
お客様(保育園・幼稚園・こども園)のお話を聞いていると・・・

① 全ての保育室で空間除菌を実施している施設
② 1~2部屋のみ空間除菌を実施している施設

 

明らかに①の施設の方が、感染予防効果が表れていますね!

 

空間除菌イメージ

IMG_20141217_202314

1418892416404

コレ↑ ただ加湿しているわけではありません。

クレベリンのCMでも『医師がすすめる空間除菌』とありますが、
クレベリンよりも強力に感染予防をしてくれるのがスーパー次亜水です。

 

もちろん、弊社でも空間噴霧していますよ~

社内噴霧中 ステリ舞
私も自宅で空間噴霧しているので、元気に仕事が出来ています!

小さなお子様がいるご家庭では必須アイテムですね。

効果あり!インフルエンザ家庭内感染対策

2016-02-07

みなさんこんにちは!

『みんなの幸せを防災・防犯設備で守る』シバテックです。

 

インフルエンザが全国的にも流行しているこの時期。

我が家(代表佐藤)の長男も先週の金曜日に小学校で

インフルエンザに感染して帰ってきました。

 

佐藤家は結構インフルエンザに感染しやすいので有名です(笑)

4年前は家族5人がインフルエンザに感染し、胃腸炎にも感染し、

地獄の1か月を過ごした経験もあり、家庭内感染・家族間感染には

特に気を使っています。

 

ただ、男の子3人(8歳・5歳・5歳)ということもあり、

感染対策が十分でないことも事実です。

というか、今回も一緒に遊んでましたwww

 

そんな中、弟二人に感染しなかったのはこれのお陰です。

IMG_2513

IMG_2514

ただの加湿器ではなく『スーパー次亜水』という除菌水を薄めて噴霧しています。

 

二酸化塩素のクレベリンと同じような成分ですが、

強制的に噴霧してウイルスにアタックしていく仕組みが違うところ。

 

子供がインフルエンザや胃腸炎に感染すると

子供も親も(仕事を休まないといけない)大変だと思います。

 

我が家でもどっちが休むかで嫁さんとケンカになることがあります。

 

そーゆーケンカも無くせるように、効果のある感染症対策をしてほしいと思います。

SKM_C224e16011322520_0001

SKM_C224e16011322520_0002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意!福島県内でインフルエンザが流行しています。

2016-01-24

皆さんこんにちは! 代表の佐藤です。

強烈な寒波が西日本・九州地方を襲ってるみたいですね。

福島市内は、寒いけど雪は夜中にうっすら降った程度。。。

そんな状況です。

 

題名の通り、気温が下がって空気が乾燥しているため、
インフルエンザが流行し始めています。

福島県内のデータ→https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21140a/kansen-doukou.html

 

統計を見ると今年はほとんどが【インフルエンザA型】

インフルエンザの種類の中でもA型はもっとも流行性が高いウイルスで、

他のウイルスに比べ、爆発的な増殖性を持っているそうです。

 

今年は特に注意が必要ですね!

 

インフルエンザの集団感染対策(特に保育園・幼稚園・小学校・介護施設)なら

コレがオススメです↓

SKM_C224e16011322520_0001

SKM_C224e16011322520_0002

事務所内の感染症予防にアレを使っています。

2015-02-05

皆さん、こんにちは!

2015年。年の初めからインフルエンザに感染してしまった佐藤です。

 

インフルエンザの予防接種はしていたものの、

初売りに2時間程度外出したら感染してきました。

マスクや手洗い・うがいも徹底してたんですけどね。インフルエンザに注意

もちろん弱酸性の次亜塩素酸水で手指の除菌もしてたのに。。。

 

しかも、高熱・筋肉痛がひどく最悪な年明けだったと同時に、

普段の健康や周りの人の支え、子供が元気でいることへの感謝の気持ちが

出てきて、意味のある感染だったのかなと思いました。

 

ちなみに自宅でもスーパー次亜水を使って加湿してたりするので、

私以外の家族、子供は感染せずに済みました。

その点はホント良かったです。きちんと空間除菌されてるってことですね。

 

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、

アレとは弱酸性の次亜塩素酸水を噴霧する専用超音波加湿器のことです。

感染予防として、空間除菌・消臭をしてくれています。

動画をみてください↓

 

 

5倍に薄めた除菌水を噴霧している様子が見えるので、安心感がありますね。名刺イラスト ウインク!

エアコンの風に乗せて、除菌成分を事務所の隅々まで行き渡らせます。

 

デモ機もありますので、興味のある方はURLをクリック!

http://www.48tec.com/health

 

 

感染症予防ならスーパー次亜水

有限会社シバテック

住所:福島市松浪町2-16-7(福島競馬場近く)

TEL:024-531-3778

 

 

保育所・幼稚園のインフルエンザ対策「正しいマスクの選び方」の巻!

2014-10-27

こんにちは!(有)シバテックの佐藤夏樹です。

 

最近、車で事故りそうになりました。

マスク・うがい

そうです。居眠り運転です。

 

朝夕は冷え込み、日中はポカポカ。

 

日中の気持ちよさにボーっとして事故を

起こさないように気を付けてくださいね。

私が本当に気を付けないと・・・

 

 

今日は保育所・幼稚園のインフルエンザ対策

「正しいマスクの選び方」の巻!です。

 

 

インフルエンザウイルスは口や鼻から感染することから、

マスクは一番手軽なインフルエンザ予防法として知られています。

 

けれど、マスクの選び方によっては全く予防効果を得られていない場合も!?

それでは、インフルエンザ予防にための正しいマスクの選び方をご紹介しましょう。

 

 

 

マスクは不織布製を選ぼう

 

インフルエンザウイルスの大きさは約0.1ミクロンととても微小です。

しかし多くの場合、ウイルスは咳やくしゃみの際にでるだ液、鼻水に包まれ、

実際には約3~5ミクロンの大きさで私たちに飛んできます。

 

そんなインフルエンザウイルスを予防するためには、ガーゼマスクはNG!

繊維が粗すぎて、ウィルスが口や鼻に侵入してしまいます。

 

一方、不織布製マスクの繊維密度は5ミクロン程度なので、

十分にインフルエンザウイルスの侵入を予防する効果があるとされています。

 

インフルエンザ予防には、不織布製の使いすてマスクを選びましょう。

 

 

 

園内でインフルエンザが発生した場合

 

園内でインフルエンザが確認されたら、医療機関と同等のインフルエンザ対策をとり、

ウィルスの蔓延を防ぐことも有効策のひとつ。

 

医療機関でウィルス対策に使用するマスクは「N95マスク」といい、

0.1ミクロンの空気中に浮遊するインフルエンザウイルスにも対応可能な高気密マスクです。

しかしこのN95マスク、効果が高い反面、日常使いするには高額すぎるのが難点…。

 

予防には通常の不織布製マスクを使用し、ウィルスの感染が確認された場合にのみ、

運び屋になりやすい職員や家族がN95マスクを使用し感染拡大を防ぐことがおすすめの使い方です。

 

 

マスクをすると子供が不機嫌になったり、泣き出してしまう可能性もありますが、

意外と順応性が高いのも子供の特徴です。最初はマスクに絵や色をつけるなどして

、徐々にマスク顔に慣れてもらうとよいでしょう。

 

 

 

最後にポイントを簡単にまとめると。。。

・ガーゼマスクはダメ!

・予防は不織布製のマスクを使用すること。

・流行時は「N95マスク」を使用すること。

この3点です。

 

実はインフルエンザを予防できる画期的な方法があります。

興味のある方はHPからお問い合わせください。

今すぐ問い合わせてみる

 

それでは今日もありがとうございました。

Copyright(c) 2015 有限会社シバテック corporation All Rights Reserved.