栃木県 鬼怒川の氾濫から考える職員への連絡体制

2015-09-11

今回の大雨で福島市内を流れる一級河川「阿武隈川」は
警戒水位を超えたものの、大きな水害にはなりませんでした。

しかし、阿武隈川に流れ込む支流では、決壊寸前だったことは
多くの方が知らない事実
だと思います。

消防団による土嚢積みや排水作業があり、
何とか大きな浸水被害を出すことなく済みましたが、
※小規模な浸水はありました。

鬼怒川の堤防決壊をテレビで見ていた人は、住宅や
商業施設に多くの人が取り残されたことはご存知だと思いますが、
もし福島市内も同じような情況になったら、
介護福祉施設や病院などでは職員への安否確認が絶対必要だと思いませんか?

と言うか、経営者側としてはそういう連絡体制は絶対的に必要だなと感じました。

東日本大震災から薄れ気味になっていた危機意識を
呼び戻すいい機会だと思って、今後も継続して防災への呼びかけを
していきたいと思います。

Copyright(c) 2015 有限会社シバテック corporation All Rights Reserved.