火災通報装置と火災報知器の連動工事費用について

2015-09-09

連動の工事内容と費用について

費用
総務省が調べたところ、全国平均?では8万円程度だそうです。
但し、火災通報装置と火災報知器の間に配線する必要がありますので、
その費用によって上下します。
それと、消防署に提出する図面の有無、必要な機器によっても上下します。

当社では、基本7万円でやっています。
点検物件なら5万円w

内容
各介護福祉施設・病院さんにもよりますが、
連動停止スイッチと言う機器を新たに購入する必要があります。
コレが1万円くらい。

・火災通報装置~火災報知器間の配線
・消防署との打ち合わせ
・届け出用図面の作成
・着工届け
・設置届け
・消防署立会いでの通報検査
・各押しボタンに表示の取付け

ま、こんなくらいでしょうか?

工事の時期を遅らせたからといって
費用が割安になることはありません。

安全のために期限の平成30年3月まで待たずに
工事をしたほうがいいと思います。

ご相談は無料です。
024ー531-3778まで
お気軽にお電話ください。

Copyright(c) 2015 有限会社シバテック corporation All Rights Reserved.