福島市テナントビル 火災報知機の改修工事

2015-03-04

洋服屋→飲食店へテナントさんが変更になるので、

内装・レイアウトの変更に伴って火災報知器も改修工事が必要になります。

火災報知器 テナント

 

 

 

 

 

今日はここの打ち合わせに行ってきました。

ここのビルは窓がほとんど無い建物で、消防法的に無窓階という扱いになります。

この無窓階の場合、素早い段階で火災を感知できる、

煙感知器を設置しなければいけないんですね。

煙感知器 福島市

 

 

 

 

 

また、テナント改修工事の場合、建築会社さんが火災報知器の

ことまで考えてくれない(知識がない?)ことが多いので、

消防点検時に不良事項として指摘することが多いんです。

「オーナーさん、テナントさん、建築会社さんでトラブルになりやすい」

ということですね。

 

改修工事前の打ち合わせの段階から参加させてもらえると

こうしたトラブルが無くなりますし、

消防署との打ち合わせもスムーズに進むので良いですね!

 

Copyright(c) 2015 有限会社シバテック corporation All Rights Reserved.