中学生の問題『飽和水蒸気量』って覚えてますか?

2017-02-06

『飽和水蒸気量ってなに?』

飽和水蒸気量(ほうわすいじょうきりょう)は1立方メートルの空間に存在できる水蒸気の質量をgで表したものである。容積絶対湿度、飽和水蒸気密度ともいう。これは温度T[℃]が小さいと小さくなる。(Wikipediaより引用)

 

はい!

皆さんこんにちは!

みんなの幸せを防災・防犯設備で守るシバテック

中学生のときは理科が得意だった代表の佐藤です!

 

覚えてましたか?(笑)

つまり、温度が低い冬は、雨とか雪が降っていても、空気が乾燥しているってことですね。

 

冬に火災が多いのは、雨が降らないというより、空気が乾燥しているのが原因の一つ。

 

今日も朝から全国の火災のニュースを見てきました。

昨日(2月5日)も福島市内で火災があったのご存知ですか?

そして2月3日も福島市内で火災があったのご存知ですか?

もう少し遡れば、1月28日にも火災がありました。

img_3484

 

消火器や消火栓、火災報知機の設置や点検も大事ですが、

災害時に活用できるかが、一番大切です!

 

防災訓練には積極的に参加してくださいね。

子供向けの防災教室は↓

第2回親子わくわく防災教室

 

************************

シバテックは、防災・防犯を通して、

子供たちの安全・安心を創造し、夢(可能性)と笑顔を広げていきます!

防災・防犯設備でお困りなら

フリーダイヤル0120-529-119 代表:佐藤まで。

弊社は、福島市・伊達市・二本松市などの病院・介護・保育施設を専門に

防災・防犯設備工事・メンテナンスをしているプロ集団です。

 

Copyright(c) 2015 有限会社シバテック corporation All Rights Reserved.