消防点検や自動消火設備・スーパー次亜水のお求めは有限会社シバテックへ
消防設備点検工事のご案内自動消火設備のご案内除菌消臭対策はこちら消火器の回収処分をご希望の方

消防設備点検のご案内安全・安心の除菌消臭に効く。スーパー次亜水

シバテックからのお知らせ


一覧表示

防災コラム


HPを見てくれた介護施設さんよりお問い合わせがありました。
当施設には消防署へ自動で通報してくれる火災通報装置が設置されているのですが、停電しても通報は可能なのでしょうか?
このようなお問い合わせをいただきました。ありがとうございます。

以下回答です。

電気の配電盤付近が火災になったり、何らかの原因で「火災報知機、火災通報装置」両方とも停電してしまったとしても、消防署への自動通報は可能です。
火災報知器火災報知器

なぜなら両方の機器に予備電源(バッテリー)が入っているからです。
※停電時でも作動するよう消防法により下記のような基準が決められています。

火災報知機:停電時でも60分間監視後、10分間以上
        非常ベルを鳴らし続けることができること

火災通報装置:停電時でも60分間監視後、10分間以上
          通報を行うことができること

以上の理由より停電時でも通報は可能ですが、万が一電話線が
切れてしまった場合のみ通報できません。

消防設備の仕組みや使い方を正しく理解して
火災に備えましょう!


社長メッセージ

幸せを創造する企業を目指して!
有限会社シバテック東日本大震災で大切なことを学び、仕事を通じて恩返しがしたい。
子供に笑顔を!
大人にも笑顔を!
そして、みんな笑って過ごせるような世界をつくる!

~私の目指す将来のシバテック~
その姿は、みんなが「幸せ」になれる会社。
福島にはないサービスを提供し、
お客様に喜んでもらえる仕事をしていきたい。
多くの「幸せを創造する企業」をシバテックは目指しています。

● 防災・防犯の作業日誌はこちら ●

Copyright(c) 2015 有限会社シバテック corporation All Rights Reserved.